LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

【冷え性を暴く】日常をどのように過ごせば、末端までポカポカでいられるか?(まとめ)

ようこそ!

美容エステティシャンのsinacoです。

このブログでは、連続して「冷え性」をテーマに、自分の体を実験台にして検証した記録を記事にしています。

ここまで18記事かけて実証を重ねましたので、結果と考察をまとめます。

f:id:sinac0:20181120145324j:plain

末端の温度の計測方法

手の指先・足の指先は、以下のように赤外線温度計で測りました。

f:id:sinac0:20181004184848j:plain

指先を温めるアクションをした後は、安静にし、飲食・排泄をせず、15分おきに温度を計測

ここまで様々な指先をあたためる実験を行いましたが、そのすべてにおいて条件を揃えるべく、安静の状態を保ち、飲食や排泄を避けました。

「温かいな」と感じる末端温度は、30℃以上

100回以上指先の温度を測った結果、「末端が温かい」と思う温度は30℃以上であると分かりました。

30℃より低いと「指先が冷たい・冷えたな」と感じました。

f:id:sinac0:20181120153714j:plain

挑戦した冷え性対策19個のまとめ

ここまでの実験では、19個の冷え性対策について検証しました。

それぞれの冷え性対策について、考察をまとめます。

冷え性対策①:飲み物系

●白湯

●生姜湯

●ブラックコーヒー

●はちみつミルク

●炭酸水

point

●飲み物での冷え性対策は、手の指先は温まったが、足先までは温まらなかった

●1番よく体が温まったと感じたのは はちみつミルクだったが、眠くも感じたのでタイミングは注意したい

●コーヒーが少し足先を温めたが、利尿作用によって熱が放出された

●生姜湯が安定して末端を温めた

●温まった手先は、45分~1時間ほど温かさが続いた

冷え性対策②:食べ物系

●生姜(ショウガ)

 -乾燥生姜・生生姜

●唐辛子

●うどん

 -素うどん・生姜うどん

point

●食べ物での冷え性対策は、生姜うどんが1番末端の温まりを感じた

冷え性対策③:運動系

●15分ウォーキング

●1時間散歩

●1時間トレーニング

●15分掃除機がけ

point

●運動での冷え性対策によって、手先だけではなく足先まで温めることができた

●温まった手先や足先は、1時間ほど温かさが続いた

●1時間歩いた実験と15分しか歩かなかった実験では、どちらも「指先が温かい」と思うことに違いはなかった

冷え性対策④:保温法

●厚手の靴下を履く

●5本指ソックスを履く

●足先の簡単なマッサージ

●足先グッパ―運動

●EMS(低周波)

point

●足先の保温方法を5つ試したが、どれも効果が上がらなかった

f:id:sinac0:20181114185815j:plain

【注意!】「実践するほどでもない」と感じた冷え性対策6つ

世の中の美容・健康情報は、確実でもないのに流行しているものがあります。

冷え性対策について、実際にやってみたら効果を感じなかったものは6つありました。

× 乾燥生姜

【冷え性を暴く】最近よく聞く「ショウガオール」と「ジンゲロール」の違いを体感してみた(理論編)

【冷え性を暴く】最近よく聞く「ショウガオール」と「ジンゲロール」の違いを体感してみた(実食編)

× 厚手の靴下を履く

【冷え性を暴く】足先の温かさを長時間維持する手段として、毛糸の靴下はどうか?

× 5本指ソックスを履く

【冷え性を暴く】5本指ソックスは、足の指先の温度を維持してくれるか?

× 足先の簡単なマッサージ

【冷え性を暴く】手軽なマッサージは足先を温めるか?(エステティシャンにとって屈辱的な結果に)

× 足先グッパ―運動

【冷え性を暴く】足先の運動やふくらはぎの筋肉運動は、足先を温めるか?

× EMS(低周波)

【冷え性を暴く】足先の運動やふくらはぎの筋肉運動は、足先を温めるか?

これらは、実践するほどでもない健康法とわかりましたので、注意しましょう。

f:id:sinac0:20181117171704j:plain

検証結果:たとえばこんな過ごし方をするとポカポカ

以上19個の検証実験によって得られた結果を元に、1日の過ごし方をシュミレーションします。

以下のように過ごせば、1日中末端までポカポカで過ごすことができるでしょう。

出勤・登校(15分歩くと末端はポカポカ)

15分歩くことによって、手の指先も足の指先も30℃以上高めることができました。

寒い冬は外に出るのも辛いかもしれませんが、15分ほど徒歩で移動する出勤や登校の時間、また帰宅の時間は、貴重な「熱を生む時間」です。

温かい飲み物を1~2時間おきに飲む

徒歩の移動で体を温めた後、1時間15分ほどで指先は冷え始めます。

1時間おきに温かい飲み物を飲み、体を温めなおすと良いでしょう。

生姜湯かはちみつミルクが体を一番温めますが、はちみつミルクは眠くなるほど温まったので、タイミングには注意しましょう。

2時間おきに歩き回って末端を温めて

温かい飲み物では、なかなか足先まで温まりません。

また、手軽に足先を温めようとしても、なかなか効果的な方法がありませんでした。

いよいよ「足先が冷たい」と気になりだしたら、再度15分ほど歩くと良いでしょう。

休みの日はトレーニングをしたり、散歩をしても良い

筋肉トレーニングや散歩をすると、足先も手先も温めることができます。

温かい飲み物を飲むより15分~30分ほど長い時間温度を温かく保つことができるので、効率的に暖を取ることができます。

家事でも末端を温めることができる

わざわざ出かける用事が無い時は、家の中でも熱を生み出すことができます。

実験したのは15分の掃除機がけでしたが、全身を動かす家事であれば、末端を同じように温めることができるでしょう。

食べ物は体を温める食材を。ただし、こだわり過ぎる必要はない

食事に生姜や唐辛子を加えると、1時間ほど末端を温めることができました。

しかし、生姜を乾燥させるなど手間をかけ過ぎても結果は変わりませんでした。

f:id:sinac0:20181120160943j:plain

こまめな対策が冷え性改善のカギ

冷え性について自分の体をつかって思いつく限りの対策法を試しましたが、手軽に冷え性を改善する方法には巡り合いませんでした。

どれも1時間ほどで指先の温度が下がってしまいますので、こまめに体を温めるよう意識するといいでしょう。

 

エステティシャンsinacoのホームページはこちら

ダイエット・美容で成果を求めるエステティシャンのホームページはこちら

です。

ホームページへ美容記録目次へ

読者登録してもらえると、sinacoは画面の向こうで小躍りします。