LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

【冷え性を暴く】白湯は体温をどのくらい上昇させてくれるのか?測って検証してみた

冷え性について、本当のところが知りたい

「冷え性」「冷え症」とは言いますが、実際のところ、冷え性について詳しい定義はありません。

冷えは、人それぞれで感じ方が違うからです。

f:id:sinac0:20181101191215j:plain

世の中の美容情報は冷え性を説明していない=解決できないのでは?

曖昧な説明であやふやな冷え性対策を述べている美容情報はたくさんありますが、そもそも冷え性がどんな状態かも分からないのに、正しく冷え性対策ができるでしょうか?

実際、冷え性の女性は7割とも8割ともいわれています。

「冷え症」という言葉が定着して何年も経つのに、一向に冷え性問題が解決しないのは、いつまでも冷え性を曖昧にしかとらえないからではないでしょうか?

冷え症について、たくさん温度を測って調べよう!

美容エステティシャンとして、今年の冬のうちに少しでも冷え性について詳しくなるべく、たくさん温度を測って調べることにしました。

赤外線温度計で温度を測りました 

何度かこのブログに登場している赤外線温度計

光を当てた場所の温度が瞬時に分かります。

f:id:sinac0:20181004184905j:plain

体温計で体温も測りました

指先など末端の温度と、わきの下で測る体温とでは誤差があるので、体温計も用いてわきの下の温度も測りました。

f:id:sinac0:20181101191717j:plain

白湯(さゆ)は冷え性に効果的か?

お水を温めただけの飲み物を「白湯(さゆ)」と呼び、美容業界では「代謝を上げてくれる」「体温を高めてくれる」「冷え症を改善してくれる」などと謳われています。

冷えを取り体温を高めてくれるのか、実験したいと思います。

マグカップ1杯の白湯を10分で飲んで実験

マグカップ1杯の白湯(ポットで100℃に温めたもの)を70℃ほどに冷やしてから、10分かけて飲みました。

白湯を飲む直前・直後、15分後、30分後、45分後、1時間後の温度を測りました

どの位の時間、冷えを取り体温を高めてくれるのか検証するべく、15分おきに1時間後まで温度を計測しました。

手の指先・足の指先・おヘソのすぐ下・喉 の温度を測りました

f:id:sinac0:20181004184848j:plain

白湯が体のどのあたりをどれくらい温めてくれるのか、手の指先(左手 親指)・足の指先(左足 親指)・おへそのすぐ下・喉を赤外線温度計で、わきの下の温度を体温計で、合計6か所の温度を測りました。

計測時間中は、安静に過ごしました

途中で動いたり運動が入ると、運動効果で血流が良くなる可能性もあります。また、途中で冷たい飲み物などを飲むと体温が下がるかもしれません。

ですので、温度を測った1時間は、なるべく安静にして過ごし、何かを口にしたりトイレで排泄することもしませんでした。

白湯を飲んだ前後の温度の測定結果(℃)

  体温 指先 足先 お腹 のど
飲む前 36.9 25.1 24.2 35.0 34.1
飲んだ直後 36.7 27.7 21.5 33.2 33.3
15分後 36.5 32.8 21.8 35.3 34.5
30分後 36.3 32.8 21.6 35.7 34.1
45分後 36.4 32.0 23.1 35.0 34.1
1時間後 36.3 26.3 22.4 34.1 34.3

白湯を飲んでも体温は上昇しなかった

白湯を飲む前のわきの下の体温は36.9℃、白湯を飲んだ直後の体温は36.7℃で、白湯を飲んでもわきの下の体温は上昇しませんでした。

白湯を飲んだ直後は手の指先の温度は2.6℃上昇、その後15分で更に5℃上昇し、効果は45分後まで続いた

白湯を飲んだ直後の手の指先の温度が、飲む直前の25.1℃よりも2.6℃高まり、27.7℃になりました。

15分後には更に5.1℃上昇し32.8℃になり、その後も32℃以上の温度が30分間は続きました。

この間、「体中がポカポカしているな」と感じました。

45分後以降、指先が元の温度に下がった

45分後くらいから「指先が冷えてきた」と感じ、1時間後の温度は26.3℃と、白湯を飲む直前の温度近くまで下がりました。

足先・お腹・喉の温度はあまり変化なし

足先の温度は、白湯を飲む直前よりも白湯を飲んだ後の方が下がりました。

お腹と喉の温度は、白湯を飲む・飲まないにかかわらず、ほぼ一定の温度でした。

白湯を飲むと指先の温度は約45分間温まり、「身体が温まったな」と思う一方で、足先までは温度は改善されなかった

1時間体温を測定した結果、白湯を飲むことによって45分間は体が温まった感覚があることが分かりました。

しかし、手の指先の温度は上昇したものの、より床に近い(心臓から遠い?)足先の温度は、白湯を飲むことによっては解消されませんでした。

白湯で体を温めたいなら1時間弱おきに1杯ずつ飲み、足先は別の冷え性対策が必要

この測定によって、白湯で冷え性対策をする場合、

point

●1時間弱に1杯のペースで白湯を飲む

●手の指先ではなく足の指先を温めるなら、何か別の方法が必要

ということがわかりました。

エステティシャンsinacoのホームページはこちら

ダイエット・美容で成果を求めるエステティシャンのホームページはこちら

です。

ホームページへ美容記録目次へ

読者登録してもらえると、sinacoは画面の向こうで小躍りします。