LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

【スピじゃないよ!】ゴットハンドを手に入れる方法(3)

前書きもあります。コチラからどうぞ。

blog.beauty-payforward.tokyo

前置きの中で、エステティシャンの私がゴットハンドを手に入れる過程として

1st stage:ゴットハンドの源を手に入れる

2nd stage:ゴットハンドの源を手に宿す

とステージ分けをしました。

1st stage:ゴットハンドの源を手に入れる

については、昨日の記事にて説明しました。

blog.beauty-payforward.tokyo

ゴットハンドは特別な力がなくても良くて、感情豊かに世界のどこかにある自分にとっての神さまを見つければいいのだと、具体的な例を用いて説明しました。

今日は、

2nd stage:ゴットハンドの源を手に宿す

ということについてです。

まずは、決意:「ゴットハンドになるぞ」と

腰を抜かすほど感動して「こりゃ、神さまじゃ~!」と拝み倒すほどの特別な体験があなたにあったとして、あなたがもしエステティシャンなら、それを簡単に誰かに言わないでください。SNSで拡散するのもダメです。

感動しても素晴らしくても涙が出ても、我慢してください。

それで、「この感動を、お客様にあげよう」と思ってください。

感動したこと・嬉しかったこと・楽しかったこと・幸せに感じたこと、エステティシャンなら手に込めろ

特別なことはしなくていいです。

お客様の施術に入る直前に、自分の中にたまった感動を思いだすのです。そして手を見てください。「きっと伝わる、私が幸せな気持ちを分けるんだ!」と手に念じてください。

それで、施術部屋のドアかカーテンを開ければ、マグマが噴火するように、あなたの幸せな気持ちが噴火します。

集中力が肝心

もちろん施術はいつも通り完璧にします。そして、お客様の日常の愚痴もある程度受け止めます。いつも通りです。

でも途中で、「私はもういつもとは違う。神さまの力がこもったこの手がある」と意識をゴットハンドに戻しましょう。

施術に没頭しすぎるのも、お客様のペースに合わせすぎるのも、よくありません。

「この人に私の幸せな気持ちを分けるんだ!」と必ず思いだしてください。

集中力を高めるために私がしたこと

いつものペースで施術に没頭したりお客様のお話しに相槌を打ち続けるのではなく、途中で、自分の見た「神かよ~!」と思う感動的なシーンをちゃんと手に込めるためには、集中力が必要です。

私がゴットハンドのために行ったことは、

●座禅
●写経
●ヨガ
●瞑想
●気功

でした。

どれも集中力が高まります。

とくに気功がゴットハンドと相性抜群

座禅・写経・ヨガ・瞑想はどれも、集中力を高めるのにはとても効果を感じましたが、気功は集中力だけでなく、「手に込めるんだ!ゴットハンドになるんだ!」という気持ちがより一段と高まります。

なにしろ神さまを見た後ですから、気功をしていると頭の中に「気」のイメージがバンバンに湧いてきます。

あの時の光、光景、音、胸の高鳴り、こぼれる涙、震える喉、膝に力が入らなかったこと、口元を覆った手が自然に拝む形になったこと…

こういったことを思い出しながら気功をすると、すごく捗ります。

ここで初めて、お客様にどうしてこんなに幸せが噴火しているか言葉にするといい

ものすごい集中力で、お客様に自分の幸せな気持ちを分け与えようとする姿を見て、お客様はきっと「いつもと違うな」と不思議そうな顔をするはずです。

そのときはじめて、自分の胸の内を言葉にします。

幸せな気持ちが爆発しそうなこと、お客様に伝えるためにずっと我慢してきたこと、集中力を高めるために気功までしたこと…

あくまで自分の手に集中しながら、伝えます。

施術部屋全体が、それまでとは全然違う空間になる

エステに来られるお客様は、どちらかというと疲れていたり落ち込んでいたり、ダイエットの成果を出したくて焦っているので、エステティシャンが何か1つのことに強く強く感動していることを説明したとしても、大して伝わらないと思います。

お客様にとっては、何かよく分からないものを神さまと呼んでものすごく感動しているエステティシャンが、これまたよく分からないけど自分に幸せを分けようとしているだけです。

その「何かよくわからないが幸せ」がお客様とエステティシャンとの間で曖昧に共有されたとき

「なんか…いつも愚痴聞いてもらうだけより…良いかも…」

となるのです。

お客様のためを想った施術

もちろん、エステティシャン側の事情なんて1ミリも聞き入れられない程、気持が不安定なお客様もいらっしゃいますので、そんなお客様にはいつもの通りの丁寧な施術だけで満足していただけるよう努めます。

一番大切なことは、エステティシャンがどうしたいかではなく、本当にお客様の為になるかどうかです。

ゴットハンドを手に入れたら、ぜひ、たくさんのお客様を幸せにしてあげてください。