江戸時代後期、金戒光明寺に奉納された尾張の国の長大根があまりにも立派であり、当時聖護院(京都市)に住む農家がこの長大根をもらい栽培したのがきっかけといわれています。当時京都の土地は、耕土が浅く深く根を張れないために太くて短い大根と変化していき、現在の特徴的な丸形の「聖護院大根」になったといわれているのです。

「聖護院大根」のレシピや栽培方法を知って、京野菜を味わおう! - macaroni

長大根が、長い年月をかけて丸く進化した野菜だったのですね。道理で味は大根です。