LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

使途不明Twitterアカウントに、突然モナコイン(仮想通貨)を投げ銭してもらった記録

f:id:sinac0:20180817173446j:plainようこそ!自営業エステティシャンのsinacoです。

昨日、お金に関することで嬉しい出来事があったので記録します。

ところでモナコインって何?と言う方へ

実は私もモナコインのことを詳しく知りません。

ウィキ先生によると、以下のように書いてありました。

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。通貨単位表記は「MONA」。 

Monacoin - Wikipedia

ド素人の私には、ウィキ先生がおっしゃる言葉が理解できませんでした。

私がザックリ知っているのは、「twitterでやり取りができる仮想通貨」ということです。

モナコイには、Twitterでツイートするだけでお金を送金できる「tipmona」というシステムがあります。

Twitterにあるアカウント「モナコインちゃんbot(@tipmona)」とやりとりするだけで、送金、残高確認、入金の確認も行えます。

仮想通貨「モナコイン」とは?購入する前に知っておくべき全知識

上記引用は、この記事を書くにあたってサッと調べた程度の見地で「分かりやすいな」と思ったブログからの引用です。

ご興味ある方は、ぜひ詳しいブログをご覧ください。

monetomo.com

モナコインは「投げ銭」としても活用されている

インターネットで見かけた知らない誰かのことが気に入って、応援したくなって、「もうなんでも良いからお金を払わせて!」と思ったことはありませんか?

私はあります。

こういう時、もし応援したい人のtwitterアカウントが分かれば、モナコインで応援することができます。

インターネットの世界では、お金や仮想通貨での支援を「投げ銭」と呼ぶそうです。

仮想通貨を使って、まるで投げ銭をするようにネットで色々なものを発表している人に対して支援をしよう!という流れができているんです。

実際にTwitterなどで簡単にネット上で仮想通貨を使って投げ銭が出来るようになっていて、多くの人が利用し始めています。

https://bit-town.jp/about-nagesen/

モナコインを貰えた私の”twitter事情”

モナコインに関する自力での説明は早々に諦めまして、私がモナコインを貰った経緯を説明します。

twitterとブログを連携させてはいるけれど、すっかり使途不明になってしまったtwitterアカウント

ご覧の通り、ブログの広告に活用するでもなく、情報収集するわけでもなく、ただ遊ばせているだけのtwitterアカウントを持っていました。

このように書いておりますが、ただただ使途不明のアカウントでした。

モナコインに関するアカウントを4つフォローしていた

8月からお金の勉強をしてきた中で、プロ投資家たちの井戸端会議マネーセミナー体験記(前編)参照)を盗み聞きした時に「仮想通貨」については聞き及んでおり、モナコインについても先述の通りのザックリした情報だけ持っておりました。

井戸端会議を盗み聞きしたその日に、モナコインに関するアカウントを4つフォローしました。

モナコインについて、1回だけツイートして、1回だけリツイートしていた

フォローをしてから数日が経ち、仮想通貨についての盗み聞き情報をすっかり忘れて生活していましたが、何気なく思い出した時に1回だけモナコインについてツイートしていました。

それから、タイムラインで見かけたモナコインの企画を1回だけリツイートしていました。

突然モナコインを貰った

上記のようにモナコイン関連のアカウントを4つフォローし、ツイート1回とリツイート1回して、モナコインについて忘れていた頃、私の使途不明アカウントに突然こんなリプライが届きました。

このツイートこそ、モナコインを貰った一報です。

0.0114114monaを貰った

突然モナコインをくれた彼のアカウントを辿って見ると、こう書いてありました。

どうやら、今手持ちのモナコインを使い切りたかったようです。

ここは有難く頂戴し、知らないアカウントからの突然の投げ銭にお礼をお伝えしました。

0.0114114monaとは何円なのか

貰ったモナコインがいったい幾らなのか、以下のサイトで相場を確認しました。

cc.minkabu.jp

この記事を書いている時点では…

f:id:sinac0:20181009012452j:plain

1mona = 約142円

ということで、142×0.0114114をすると…1.62円!

端数を切捨てると、つまり、1円になります。

使途不明アカウントが1円の利益を生み出した

ビジネス界隈では「0から1を生み出すことが難しい」と言われておりますが、この難しい所業を成し遂げた使途不明アカウントを褒めたいと思います。

もっと愛情もってアカウントを運営しようと思いました。

可能性を貰ったことが嬉しいし興味深い

一連の出来事を通して、新しい分野に興味を持つキッカケを貰ったと思っています。

とくに

①もっと0.0114114monaの価値が高まるかもしれない

②もっとモナコインを貰えるかもしれない

と期待が抱けることが楽しみでなりません。(あくまで私個人の楽しみです。投資は自己判断でお願いしますね)

①もっと0.0114114monaの価値が高まるかもしれない

仮想通貨が爆発的に広まったとき、モナコインの最高値は今の10倍以上の価値があったそうです。

ところが、セキュリティの脆弱さや法整備に関する弱点が目立ち、2017年の年末に仮想通貨市場全体のバブルがはじけました。

調べると、モナコインも被害を出した経験があり、モナコインの価値が一気に下がった時期があったようです。

仮想通貨バブルがはじけたことを楽観視しています。

システムの脆弱性や法整備の不完全さについては、私は仮想通貨業界の皆さんの必死さを見て安心しています。

「もっと安全なものを」

「もっと確かな存在に」

「「仮想通貨が盛り上がりますように!」」

といった情熱を感じます。

仮想通貨業界はきっとバブルがはじける前の頃よりもっと栄えて、仮想通貨によって今よりももっと便利に、もっと確実な取引ができるようになることでしょう。

モナコインがどんどんTwitterに馴染んでいる

8月にモナコインのことを小耳にはさんだ時には気が付かなかったのですが、いつの間にか萌え絵の女の子キャラが登場していました。

2ちゃんねるから始まったらしいオタク文化に寄り添うモナコインは、これからもオタクを巻き込みながら成長するような勢いを感じます。

仮想通貨がもっと身近になったとき

情熱的な仮想通貨業界の皆さんが今の課題をクリアして、もっと便利に身近になったとき、仮想通貨の価値が見直され、私のこの0.0114114monaももっと高いレートで取引されることでしょう。

それを私は寝て待ちます。

②もっとモナコインを貰えるかもしれない

「お金が欲しい」と大っぴらに言うのには心のストッパーがかかりますが、「モナコインが欲しい」とは比較的気楽にツイートできます。

気楽に「モナコインが欲しい」とツイートしておけば、「モナコインを広めたい!」という情熱的な人が見つけてくれて、またモナコインをくれるかもしれません。

身銭を切るわけではない・元手無しで投資が始まる

8月から始めた投資の勉強ですが、どの本を読んでも元手を用意せずに投資を始める方法はありませんでした。

でも、今回はTwitterで貰っただけで、私は一円も余剰資金を用意せずに投資を始めることができました。これからも、ひょっとしたらtwitterで貰うだけでどんどん資産が増えていくかもしれません。

今の内にモナコイン乞食になっておこう

貰ってばかりの行為に対して良心の呵責にさいなまれる前に、調子にのってこんなツイートをしてみました。

私のモナコインの今後

考えられるモナコインの使い道は、以下の3つです。

①Twitterで投げ銭する

②現金に換える

③現金の代わりとして買い物に使う

とはいえ、なんといっても今は1円分しかモナコインを持っていないので、ゆっくり調べたり考えたりしても良いという気持ちでいます。

モナコイン乞食をしばらく続けながら「この人は!」という人に投げ銭をし、仮想通貨取引所を勉強して口座を開設する

モナコインが欲しいアピールを控えめに続け、貰うからにはモナコインの普及に尽力し、応援したいなと言う人には投げ銭をして、仮想通貨を現金に換えたり保管できる取引所に口座を開設することにします。

その記録は、また後日改めて。

とにかく投げ銭をモナコインで貰ったことが嬉しくて記事を立てました。

勉強結果は、追って記録します。

ちょっとワクワクしている、sinacoでした。

 

f:id:sinac0:20180819005144p:plain

シリーズ『お金の増やし方実践記録』