LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

【生理前・PMS】9月の行動記録・気持ちの記録を、エステティシャンが分析します(前書き)

ようこそ!

美容エステティシャンのsinacoです。

PMSと向き合う観察

9月1日の記事( 【PMSと向き合う】生理周期による気分・行動等の変化観察)) で予告した通り、生理周期によって気分や行動等に変化が現れるのか、1か月にわたり記録をつけました。

今日が月の最終日なので、今夜11:59まで記録をし、明日から分析する記事を投稿したいと思います。

今日の記事では、PMSに関する疑問や、1か月に及んだ記録の方法、記録によって特に調べたいことを記載します。

f:id:sinac0:20180930162940j:plain

PMSとは

PMSとは、「月経前症候群」のことです。排卵後から生理が始まる前日のいわゆる「高温期」(=体温が高くなる周期)の間、身体や心に不調を感じるものです。

月経前症候群(PMS)のおもな症状は、下腹部の痛みや膨満感、乳房の痛み、肌トラブル、むくみ、頭痛、めまい、肩こりなどの身体症状と、イライラや情緒不安定、憂うつ感、注意力の低下、睡眠障害といった精神症状があります。
生理が始まる1週間前から症状が現れる人が多いのですが、2週間前から症状が現れる人、2、3日前に集中する人など個人差があります。

生理前の不調 【PMS/PMDD】| もしかして病気?生理によるココロとカラダのトラブル|生理痛と女性のからだの悩み 生理のミカタ

f:id:sinac0:20180930163009j:plain

PMSに関するネットや雑誌などの記事や噂話の信ぴょう性に疑義がある

体温計、スマホ向け月経記録アプリ、ヨガ教室、エステ、婦人科系医院、東洋医学系サービス、その他美容健康業界の、PMSに関する記事(情報サイト・雑誌・広告・SNS)を見ていると、女性の不安を煽るような内容が多いことに気が付きました。

PMSに関する噂の疑義①「ホルモンバランスが乱れる」とよく見るが、何のホルモンのことを指しているのか。

PMSに関して調べていると、原因について「ホルモンバランスの乱れにより…」という解説がフンワリ展開されます。さも「あなたの女性ホルモンは乱れています」と言わんばかりの表現です。

続く表現としては、「女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2種類のホルモンがあって、ある時は黄体ホルモンの分泌量が増え、ある時は卵胞ホルモンの分泌量が増えます」といった説明です。

まるで、交互に2つのホルモンが優位になるのが「乱れている」ような書き方です。

しかし、私たちの体にある2種類の女性ホルモンの分泌量が周期的に交互に優位になるのは、“乱れ”ではなく自然に起こる当たり前のことです。

乱れているのは、私たちの女性ホルモンなのでしょうか?

それとも、別の何かなのでしょうか?

本当に、私たちの女性ホルモンは乱れているのでしょうか?

PMSに関する噂の疑義②ホルモンバランスは正せるのか?どういう状態が「乱れていない」のか?

PMSに関して調べると、ホルモンバランスが乱れていることばかりが強調されて不安になりますが、いったいどうなれば「正しい」「乱れていない」ホルモンバランスだと言えるのでしょうか。

何を目指せば、私たちは正しいホルモンバランスになるのでしょうか?

PMSに関する噂の疑義③食欲が増えたからって、何でもかんでもPMSのせいにして良いのか?

ここ数年で、主に美容に関心が高い女性の間で「生理前」「PMS」という言葉が浸透しました。

とくに、ダイエットをしている女性が、食欲コントロールが上手くいかない言い訳に「生理前だから」「PMSだから」という表現がよく見られます。

twitterのダイエットアカウントやハッシュタグ #ダイエット #ダイエット垢と繋がりたい などを見ていると、よく「生理前で食欲爆発(+_+)」といった投稿を目にします。(顔文字は人による。)そういうアカウントの別の日の投稿を見ると、生理前でなくてもだいたいいつも食欲が爆発していることがすぐに分かります。

都合の良い言い訳としてPMSを持ち出していては、根本的な悩みの解決にはなりません。正しい対策、成果の出るダイエットのために、その言い訳は本当にPMSなのかどうかを明確にする必要があります。

PMSに関する噂の疑義④サプリはPMSに効果的なのか?健康被害はないのか?

PMSという問題が美容好きの間で有名になっていくにつれて、PMSに良さそうな謳い文句のサプリや漢方薬が増えました。

しかし、疑義①②で指摘した通り、PMSがホルモンバランスの「乱れ」などではなく、また「何が正しいか」もはっきりしていない現状で、何がしかのホルモンに影響を与えるような薬やサプリメントを自分の体に投与することは望ましいことなのか、警笛を鳴らしたいと思います。

近年、バストアップを謳ったサプリのいくつかが、女性ホルモンに影響を与えるとして販売中止になったこともありました。

プエラリアは、バストアップなど美容を目的にした健食に配合されている。ただ、女性ホルモンに似た作用を示す特有成分の作用が強いため、妊娠中や授乳中、小児の摂取、女性ホルモン関連の医薬品の服用者の利用を避けるべきであると注意喚起されてきたいわくつきの素材でもある。

健食の"健康被害問題"が浮上 「プエラリア」の危害急増 販売中止、表示改善相次ぐ - 通販新聞

PMSに関する噂の疑義⑤「キラキラ期」は本当にあるのか?

「生理前」「PMS」の対に「生理後のキラキラ期」があります。

上記①~④の疑義に比べるとオマケのような疑問ですが、生理後のキラキラ期があるとは聞きますが、キラキラしているべき時に本当にキラキラしている女性を見たことがありません。私自身、キラキラ期をエンジョイした経験がありません。

キラキラ期などあるのでしょうか?

本当にキラキラするのであれば、私だってキラキラ期を楽しみたいです。

f:id:sinac0:20180930163047j:plain

1か月に及ぶ気持ちと行動の記録

生理周期によって私の気持ちはどのように変化するのか、また気持ちによって私の行動がどのように変わるのかを1か月間記録しました。

行動記録:Excelに10分おきにナンバリング

1日の私の行動を以下の8つの行動に分類し、10分おきに何番の行動をとったか、番号をExcelに記録しました。

1. 睡眠
2. 生活(食事や身支度や家事など)
3. 移動
4. 生産的な仕事(作業)
5. 非生産的な仕事(作業)(事務や経理など)
6. 自己啓発(本を読んだり、運動したり)
7. 遊び(友達と遊ぶ、飲み会、ゲーム、漫画、ネットサーフィン)
8. 男性のこと(彼氏、男性アイドル等鑑賞)

 Excelでは、上記のように番号によって色分けをするよう設定してあり、時間のセルに番号を入力すると、セルの色が変わるように設定してあります。

例えば、0時0分に就寝したとすると、0時0分のセルに「1」と入力すると青色が表示されます。

f:id:sinac0:20180930164910j:plain

6時0分に起きて身支度をしたとすると、6時0分のセルに「2」と入力すると濃い青色が表示されます。

f:id:sinac0:20180930164936j:plain

8時0分から移動して、9時0分から仕事を開始したとすると、以下のように表示されます。

f:id:sinac0:20180930164955j:plain

1日の行動を入力し終わると、別のExcelシートに、1~8の行動別に合計時間が集計されるように設定しました。

f:id:sinac0:20180930165013j:plain

これを1か月繰り返しました。

気持の記録:1日の終わりに10点満点で自己採点

気持ちを数字にすることは難しいので、その日の夜にパッと思いついた点数を10点満点で記録しました。明確な基準はありません。

その日の気持ちで点数をつけ、1か月記録しました。

そのほかの記録

PMSや女性的なバイオリズム以外にも、私の気持ちや行動に影響を与えるだろうと思うこともメモしておきました。

メモしたこと

●気圧

気圧が下がると脳への酸素供給が減り、判断力が鈍くなったり、考えることが嫌になったり、頭痛などで休みたくなります。行動や気持ちに影響を与えるので、メモとして朝7時と夜19時の気圧を記録しました。

気象庁発表のものを採用しました。

●気温

暑さ寒さは行動に影響を与えます。極端に暑かったり寒かったりすると、行動が鈍るので、メモとして最低気温を記録しました。

気象庁発表のものを採用しました。

(9月は極端に暑い日も極端に寒い日もありませんでした)

●備考

PMSや女性的なバイオリズム、または気象条件以外にも、私の行動や気持ちに変化を与えるものがあります。

何かトラブルに巻き込まれたり、突発的なハプニングが起こったりすると、バイオリズムに関係なく行動が変わります。

備考として、その日起こったことを簡単にメモしました。

また、「PMSで食欲が爆発!」と言いがちなダイエッターのために、私の1日の間食も記録しました。

メモしたこと(2)

●間食

 

f:id:sinac0:20180930163131j:plain

1か月の行動記録・気持ちの記録で≪知りたいこと≫

先述の通り、9月の間1か月間にわたって記録を続けました。

まだ集計分析作業をしていませんので、分析をする前に気になることをまとめます。

1.生理前にイライラするか?

生理前のPMSによって私の気持ちにどのような変化が現れるか、行動記録と気持ちの記録で確認します。

生理前になると気持ちの採点(10点満点)が下がるのか、備考欄に特にイライラしたような記述が出てくるか、確認します。

1-1.仕事時間と遊び時間(だらだらする時間)の変化

4. 生産的な仕事(作業)7. 遊び(友達と遊ぶ、飲み会、ゲーム、漫画、ネットサーフィン)の時間が、生理前と生理後にどのように増減するか記録します。

私はフリーのエステティシャンで自営業ということもあり、かなり仕事の時間に融通が利きます。

生理前になると、4. 生産的な仕事(作業)の時間が減り、7. 遊び(友達と遊ぶ、飲み会、ゲーム、漫画、ネットサーフィン)の時間(特にネットサーフィンの時間だと思う)が増えると予想します。1. 睡眠の時間も増えているかもしれません。

1-2.間食は増えるか?

この疑問は、言い訳しがちなダイエッターには申し訳ない話ですが、集計する前に答は分かっています。間食は殆どしませんでした。

何度か記事にしていますが、私は本当にお菓子を食べる習慣がなく、またそれが専門のような仕事なので、生理前でもいつでも食事コントロールができるのです。

2.私にキラキラ期はあるのか?

明確に「この時期がキラキラ期だ!」「この時期はこんな風に仕事などへの意欲が高まる!」と証明したいと思います。

具体的には、1-1の反対に、生理後には4. 生産的な仕事(作業)の時間が増え、7. 遊び(友達と遊ぶ、飲み会、ゲーム、漫画、ネットサーフィン)の時間が減ることを期待します。

3.気圧が下がるとやる気を失うか?

行動記録に付随して、気圧の変化もメモしてあるので、気圧によって私の行動や気持ちに影響があるかを念のため確認します。

ひょっとしたら、朝の気圧が高く夜の気圧が低くなった日は、1. 睡眠の時間が増えているかもしれません。

f:id:sinac0:20180930163207j:plain

注意:予想外のことが起こりました

1か月記録をつけるなかで、生理不順がありました。1度生理がきたあと、2週間後にまた経血が出ました。

この影響で、生理後のキラキラ期であるはずの時期に、生理前のようなモヤモヤがありました。

※婦人科の診察を受けましたが、大病らしい所見がなかったなかったので安心しています。

今夜記録を終え、分析に取り掛かります

分析したことを明日以降記事にしていきます。

blog.beauty-payforward.tokyo

 

f:id:sinac0:20180819005144p:plain

Excelで行動記録をつけたい方、メールで雛形を差し上げます(無料)

私のようなマニアックな方がいて、ご興味がある方はメールをください。無料で私がつくったExcelシートを差し上げます。

関数と書式設定で記録を取りやすくしてあります。

エステティシャンsinacoのホームページはこちら

ダイエット・美容で成果を求めるエステティシャンのホームページはこちらです。

ホームページへ美容記録目次へ

読者登録してもらえると、sinacoは画面の向こうで小躍りします。