LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

魅惑力の高め方(8)Lesson編 メイクはちゃんとプロに教わらないとダメ!

シリーズ『魅惑力の高め方』
1章につきLesson編Practice編の2編があり
Lesson編は、具体的なアドバイスを
Practice編は、実践記録を
記載します。

≫1つ前のLesson編≪
≫Practice編≪
≫目次≪

 

f:id:sinac0:20180815094849j:plain

f:id:sinac0:20180815095106p:plain

魅惑力の高め方(7)Practice編 【1日セレブ体験】コンフォートゾーンから抜け出る瞬間の記録』の翌日、エステを施すために花織 様の家へ向かいました。そこで、花織 様から借りたハイブランドのドレスワンピースを着て出かけた話をしました。

(花織 様)
どうだった?

(sinaco)
はい!出かける前は自信が無かったのですが、行ってみると意外と楽しくて良かったです。
百貨店の店員さんの接客態度がいつもと違って、本当にセレブになった気持ちでした。

(花織 様)
よかった!楽しかったでしょう?

(sinaco)
はい!とっても楽しかったです!
ワンピースも、お借りできて良かったです!ありがとうございました。

ただ…

(花織 様)
あら?何か困ったことでもあった?

(sinaco)
いえ、困ったことというよりも、メイクがどうにも変で…。出掛けに母に「オカメインコみたい!」って笑われました。

(花織 様)
あはは!
そっか!TPOに合ったメイクができないのね!

(sinaco)
TPOというよりも、メイク自体苦手で…。いつも適当なメイクなので、改めて「気合入れるぞ!」っていう時の正しいメイク法みたいなのを私は知らないんだなって、思いました。

(花織 様)
あらら。そうね…。
愛情をもってちゃんと指摘させてもらうけど、あなたのメイク、ちょっと時代遅れで変よ。

ガーン

f:id:sinac0:20180815095106p:plain

ここで、当時の私の写真を公開します。本物の写真です。

f:id:sinac0:20180920154450j:plain

花織 様が「時代遅れでちょっと変」というのも分かります。

厚塗りのファンデーションはコンプレックスを隠すため。眉毛は10年前に抜いて細くなったきり生えてきません。チークの位置は10年前から定まっていませんし、なぜか口紅は塗る習慣がありませんでした。

当然ですが、当時、私には自信がありませんでした。

思えばいつも、うつむいていました。

エステティシャンだというのに「綺麗だね」「肌がツヤツヤだね」とは言われたことがありませんでした。

美容のプロだとうそぶきながら、全く美容に自信がない当時の私は、仕事に対して消極的でしたし、恋愛もうまくいっていませんでした。

f:id:sinac0:20180815095106p:plain

(花織 様)
メイクは誰に教わったの?

(sinaco)
いえ、実は誰にも教わっていません。母はメイクをしませんし、姉妹もいませんでしたから…

(花織 様)
じゃ、どうやって覚えたの?

(sinaco)
大学に入る直前の春休みに、雑誌を1冊買って、見よう見まねで覚えました。

(花織 様)
え!じゃあ、10年以上メイク変えてないの!?

(sinaco)
そ…そういうことになります。

(花織 様)
ダメよ…!あなた、世の中「アムラー」とか言ってた時代のメイクから変わってないのね!それじゃ、オバサンだわ!時代が変わったのよ!アップデートして!

う…!

(花織 様)
しかも、1冊雑誌買っただけ!?ちゃんと習っていないのね?

(sinaco)
そそそそうです。学生時代は女友達もメイクに興味ある子がいなくて…今みたいにYouTubeでメイク動画みたいなのも無い時代でしたから…

(花織 様)
時代は関係ないわ!だって、私のメイクはどう?あなたより年上の私は、ちゃんとメイクできているでしょう?

(sinaco)
おっしゃる通りです…。どうして私はちゃんとメイクできていないんでしょう?

(花織 様)
メイクはちゃんとプロに教わらないとダメ!季節や時代やTPOにあわせたメイクをね!

(花織 様)
ね!エステが終わった後、私のメイク道具を貸すわ!これでメイクの練習をしましょう!

f:id:sinac0:20180815095106p:plain

そして…

2日後の私がこちらです。

f:id:sinac0:20180920155704j:plain

素肌感を感じる薄付けファンデーション。時代に合った眉の形。肌の色に合ったチーク、シェーディング。リップラインもハッキリしました。

何より、ちょっと誇らしげな顔つきが手に入りました。メイクに自信がもたらされた瞬間です。

(花織 様)
バッチリ!上手くいってるわぁ!

(sinaco)
ありがとうございます!生まれ変わった気持ちです!

(花織 様)
慣れるまで練習が必要だから、これからも頑張って素敵なメイクを維持してね!

(sinaco)
はいっ!もちろんです!これからも頑張ります!

f:id:sinac0:20180815095106p:plain

さて、私が何をしたのでしょうか?

Practice編で説明します。

シリーズ『魅惑力の高め方』
1章につきLesson編Practice編の2編があり
Lesson編は、具体的なアドバイスを
Practice編は、実践記録を
記載します。
≫Practice編≪
≫目次≪
≫次のLesson編≪