LaLaLa Beautiful Pay Forward

都内で出張エステを営むエステティシャンが、美容チャレンジと女性の生き方について前向きな記録をします。

魅惑力の高め方(5)Practice編 【コミュニケーションで魅力を高める】たった1つのポイント

シリーズ『魅惑力の高め方』
1章につきLesson編Practice編の2編があり
Lesson編は、具体的なアドバイス
Practice編は、実践記録を
記載します。
≫1つ前のPractice編≪

≫Lesson編≪
≫目次≪

 

f:id:sinac0:20180816212854j:plain

ヒルズクラブから1年。嫉まれるくらいに愛されてます。

誇大広告のような見出しですが、実験だと思って以下の文章を読み進めてください。読み終わった後、胸に手を当てて、どのような気持ちになったか、心の状態を確かめましょう。

六本木ヒルズ最上階でのランチから一年。

花織 様から教わったことを実践したら3か月で20人からナンパされ、

「かわいい」

「きれい」

「素敵すぎる」

と毎晩ささやかれるようになりました。

ついには公務員の彼氏もゲット。
婚約にいたりました。
そんな彼からも
「君がすごく大切だ。」
「どんなことでも叶えてあげたい。」
と熱烈な愛の告白を日々受けています。

ちなみに、仕事はとても順調!
「ずっとこの幸せが続けばいいのに…」
が、今の私の口癖です。

いかがですか?

こんな自慢話を読んで、心がザワザワしませんでしたか?
モヤモヤ、あるいは、イライラしたかもしれません。

「そんな風にうまくいきっこない」
「こんなのが幸せだと思うなよ!」

と思われたかもしれません。

私が読者ならば、きっと憤慨していることでしょう。

point

なぜなら、私の心の中には、

「愛されたい」
「愛していると言われたい」
「イケメンからチヤホヤされたい」
「生きるのに充分なお金が欲しい」
「幸せの保証が欲しい」

と、願う気持ちがあり、かつ、それを隠して生活せざるを得ない状態になっているからです。

普段はどうにかこうにか本音を隠して生活していますが、上記のようなあからさまな自慢話を聞けば、隠していた願望が叶っていないという自分の悲しい現実に、モヤモヤします。

試しに何人かの女友達に似たような自慢話をしてみたら、もれなく全員から睨まれたので、私のこの感覚は共通のことなのかもしれません。

芳しいのを睨まないで。欲しがらないなら。

この見出しは、「東京事変」というアーティストの『キラーチューン』という曲の一節です。(動画の1:52あたり)

私は、他人の幸せそうな話を聞くと妬ましく思い、蜜のような不幸話で留飲を下げます。

私たち(女の人たち)の本音と建て前の使い分けの巧みさについては、エステティシャンとして何千人の女性と話してきたので、よくわかります。

しかし一方で、(多くの女性と接してきた肌感覚の話ですが)本音と建て前を上手に使い分けているつもりでも、本音の処理の仕方に困っている人が多いようにも思います。
そうでなかったら、あんなにエステの個室で悪口をぶちまける人ばかりにならないはず。(エステは選び抜かれた口の悪い人が集まる場ではありません。むしろ、日常生活ではキラキラ輝いている人の方が多いでしょう。)

そこで、冒頭の実験でモヤモヤしたものを感じた、私を含めた本音の願望を処理しきれていない人に言いたいのです。

『芳しいのを睨まないで 欲しがらないなら』

もっと率直に書けば、本音を自分の心の中だけで処理しようなど思わないで、建て前を前面に出し過ぎないで、ちゃんと
「欲しい」

「●●したい」

「●●してほしい」

と言葉にすることこそ、私たちがもっと幸せになれる、たった1つの方法です。

忖度すると、損をする

①「恥ずかしい」
②「図々しいと思われそう」
③「自信が無い」
④「角が立ちそう」
⑤「お願いして断られるのが怖い」

という思いから本当に望んでいることを言葉にできず必要以上に謙遜し、本当に望んでいることと正反対の事を口にしてしまうこと、ありませんか?

たとえば

①好かれたいのに「別に。」という態度を取る
②熱意を隠して飄々とする
③お金が欲しいのに、昇給のチャンスを断る
④褒められたいのに、褒められると否定する
⑤自分は結婚したいのに、彼が乗り気じゃなさそうだから合わせる

これらは私たちがやってしまいがちなパターンであり、今のところ多くの人がそうしている訳ですから、「悪い」とは言い切れないかもしれませんが、下記のように言いたいと思います。

point

「もっと幸せになりたい」と思いながら「何も望んでいません」というそぶりでいると「何も望んでいません」の方が伝わります。

よって、実際の思いとは裏腹に、相手に伝わるのは

①「好きではない」「嫌い」
②「頑張りたくない」
③「お金が欲しくない」
④「褒められたくない」
⑤「結婚する気はない」

というメッセージであり、その結果、実現するのは、

①関係が悪化・好かれない
②誰からも認められない
③収入が増えない
④褒められない
⑤結婚できない

という未来です。

気持を言葉にする練習

この話を初めて聞いたとき、私は少し
「そんな無茶な…」
と思いました。

社会で生活するなかで、とても忖度無しには生きていけないという固定観念があったからです。

忖度しないで本当の気持ちを言葉にすることは、私には練習が必要でした。

「練習が必要です」
と言われなければ練習しようと思わなかった人生なので、花織 様にそう言って貰えたことは、本当に有難いことでした。

甘え上手な人と、私は違う

甘え上手な人やワガママを言っても許される人は、意図的な練習でなかったにせよ、甘えてきた経験やワガママを言ってきた実績があります。幼少期にそう育ててもらった甘え上手もいれば、中学・高校でチヤホヤされて経験を積んだ人もいるでしょう。

私には、どちらの経験もありませんでした。

でも、今の時点で経験も実績もないのであれば、これから練習して積み重ねればいいだけの話です。

すぐにできなくても良いんです。

練習しましょう。

次の章で、実際に練習をした結果を記録します。

シリーズ『魅惑力の高め方』
1章につきLesson編Practice編の2編があり
Lesson編は、具体的なアドバイス
Practice編は、実践記録を
記載します。
≫Lesson編≪
≫目次≪
≫1つ次のPractice編≪/a>